ゲストメニュー

Login
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


連絡先
大学職員
 「人間ネットワーク」
 事務局 下山 貴宏
 (大阪樟蔭女子大学)
 〒577-8550
 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26

【人間ネットワーク】
【人間ネットワーク】 : 2020年度オンライン・ワークショップ【2020/08/30】開催のお知らせ
投稿者 : admin 投稿日時: 2020-08-18 (43 ヒット)
【人間ネットワーク】

【名称】 ワークショップ 「これからの大学を考える」
【日時】 2020年8月30日(日)10:00〜12:00
【方法】 Zoomによるオンラインワークショップ
【対象】 大学職員「人間ネットワーク」会員
【定員】 15名
【申込み方法】 以下のフォームに入力してください。申込は終了しました。
【申込み〆切】 8月27日(木)17:00まで。但し、定員に達し次第締め切ります。
【参加URLの送付】 8月27日(木)17:00以降にお送りします。但し、早期に定員に達した時はその時点でお送りします。
【登壇者(話題提供者・ファシリテーター)】
塩川雅美 氏(大阪市立大学 高等教育研究院 特任教授)本会会員
福留園子 氏(高知工科大学 総務部長)
松風直子 氏(武庫川女子大学 大学事務室統括部中央キャンパス大学事務室(経営)事務長)

【開催趣旨】
2017年に当ネットワーク中国部会において「10年後の大学の『キーワード』を考える」と題したワークショップを行いました。
 新型コロナウイルス(COVID-19)によって、そのワークショップで想定した「ICTを活用した教育の普及と場所としての大学のあり方」が、突然、現実のこととして私たちの目前の課題となりました。
また、COVID-19という人類共通の脅威に遭遇することによって人類共通の解決目標として掲げられたSDGsについてもCOVID-19に取り組む中で、同じく人類が共に取り組む課題として広く認識が広がりつつあります。
あるいは、COVID-19の危機に面して、異業種が手を組み、「共通価値の創造」的取り組みにより不足する医療器機や予防のための消耗品の供給を行なったり、「新しい生活様式」を実現するための新しいビジネスも立ち上がってきました。
私たち大学関係者も、「COVID-19前」に戻るのではなく、この危機を機会に変えるべく「これからの大学」について今一度、考えるためのワークショップとしたいと思います。

【進行】
10:00〜10:05 開会あいさつ(会長 簗瀬洋一郎)
10:05〜10:10 .錙璽ショップの趣旨説明 ∀誕蠶鷆ー圈▲侫.轡螢董璽拭室己紹介
10:10〜10:15  2017年のワークショップで出た話題について(松風)
10:15〜10:20 話題提供<1> (塩川)   
10:20〜10:35 グループディスカッション1回目      
        「4月以降の勤務と、これからの働き方について」
        ※グループワーク(5人×3グループ)
        ※一人2分 5名 とグループ内意見交換
10:35〜10:45 各グループの討議内容を全体でシェア(進行:福留)
10:45〜10:50 話題提供<2> (塩川)
10:50〜11:05 グループディスカッション2回目      
       「これからの大学のあり方について」
        ※1回目と同じメンバーでグループワーク
         ※一人2分 5名 とグループ内意見交換
11:05〜11:20 各グループの討議内容を全体でシェア(進行:松風)
11:20〜11:25 まとめ(福留)
11:25〜11:30 閉会あいさつ(会長 簗瀬洋一郎)、事務連絡
11:30〜12:00 <お時間のある方>自由意見交換(進行:塩川)
★円滑に進行すれば、11:30ごろ終了しますが、12時までお時間を確保しておいてください。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2013 大学職員「人間ネットワーク」