挨拶

 

 

 

        西 直美
             (熊本学園大学)
 

大学職員の元気の素

私の所属する大学は九州の熊本県にあります。
地方では、大学を取巻く状況に関する様々な情報に直に接する機会は、関東・関西と同様だろうかと、
日々メールで頻繁に届く講演会や研究会の案内を見るたびに考えます。
そして、九州の学生を取巻く環境は、関東・関西の学生の状況と同様だろうかと。
様々なことが、同じか異なるかは聞いてみないと解りません。
同じ地方でも大学によって異なることが多くあります。

誰に聞きますか。
聞ける人がいますか。

日本のどこの大学に所属していても、私達は大学職員です。
日本の若者を育成するという使命を持った大学の職員です。
日本のどの大学に通っていても学生は学生です。
どのように育てますか。
時代が変わると求められるものも変わります。今はその転換期の真っただ中にあります。
予測困難な将来に向けて、どのように変わっていきますか。

個々の大学がそれぞれの個性と特色に応じて、学生を育てています。
日本中の仲間と切磋琢磨しながら、学生を育てましょう。
大学職員が元気であれば、大学が元気、学生が元気です。

大学職員「人間ネットワーク」は大学職員の元気の素です。
 

 

 

 

        竹山優子
              (筑紫女学園大学)
 

あなたには今、「共通言語」で話せる仲間はいますか。

近年の高等教育を取り巻く環境の厳しさはもしかしたら、私たち大学人に必要以上に
生き急く感覚を助長させ、「はたらくこと」の楽しさや苦悩まで封じ込めている?……
そんなことを思うときがあります。
人が成長するには、怒りのエネルギーで奮起したり、調子に乗って思い切り恥をかいたり、
そして時には根拠のない自信を頼りに挑むといったような経験が必要です。
そう、これらは私たちが日々学生を見守る中で学生が教えてくれていることです。

学生を育てるには、私たちが育つ場が必要です。

本会は、学会とは違い「アカデミックでは括れない感情」を吐露し受け止め合ったり、
趣味のサークルとは違い「大学人としての知識や流れ」を体得するため教えあったりする集まりです。
現在、会員150名を超えるようになったこの集まりは、大学職員の研修機会が今ほどなかった
18年前の設立時から、老若男女・職位の壁なくサロン的な雰囲気が継承されてきたことが
何よりの特長です。

そんなサロンをちょっと覗いてみませんか。
きっと「共通言語」で話せる仲間と出会え、教えあい、そして自大学に持ち帰ることが出来ると思います。
大学人として「はたらくこと」の楽しみや苦しみの共有、不安な道の「行燈(あんどん)」となる、
そんな会です。
 

 

 





サイト名: 大学職員「人間ネットワーク」   http://shidai-hitonet.jp
この記事のURL:   http://shidai-hitonet.jp/modules/tinyd0/index.php?id=1